証券会社比較入門サイト!

証券会社比較マネックス証券

ネット証券会社の手数料やツールを完全比較!賢い証券会社選びに是非お役立て下さい!
ネット証券会社比較入門TOP > スポンサー広告 > スポンサーサイト > ネット証券会社一覧 > マネックス証券
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告|

マネックス証券の手数料

マネックス証券では約定ごとの手数料プランと、一日定額の手数料プランが用意されています。また、一部の証券会社のみで導入されている夜間取引が取引可能です。


約定ごと取引(現物取引/信用取引)の手数料プラン

約定価格取引手数料
現物手数料信用手数料
成行注文指値注文成行注文指値注文
~100万円1050円1575円1050円1575円
100万円~約定金額の
0.105%
約定金額の
0.1575%
約定金額の
0.105%
約定金額の
0.1575%

夜間取引(現物取引)の手数料プラン

約定価格取引手数料
いくらでも500円
※キャンペーンにより夜間取引手数料は2007/3/30までは無料です!


一日定額取引(現物取引/信用取引)の手数料プラン

約定価格合計取引手数料
現物手数料信用手数料
~300万円2625円2625円
~600万円5250円5250円
以降+300万円ごとに+2625円+2625円



マネックス証券の情報収集

料金詳細
株式展望情報無料フィスコのマーケット朝夕刊や週間相場見通しにより日次週次で株式展望情報を提供
個別銘柄情報有料QUICKリサーチネット(525円/月)やクォンツ・プレミアムサービス(3150円/月)、株価トレンドWEB推計サービス(3000円/月)により個別銘柄のレーティングや株価の将来トレンドなどを提供
スクリーニング無料PERやPBRのほかRSI等のテクニカル指標によりスクリーニング可能
その他無料証券会社の朝会メモや機関投資家の相場見通しレポートなどの情報を提供



マネックス証券のIPO

IPOへの抽選申し込みが可能。
マネックス証券はIPOには最適の証券会社の一つです。一般にIPOでは資金力さえあれば多くの口数の抽選申し込みができてしまうため資金力のあるものが有利です。しかし、マネックス証券の場合は申し込み者単位での抽選となるため資金の大小によりません。つまり資金力の少ないものにとっては当選の可能性が高いということです!



マネックス証券の注文機能

成行注文、指値注文、逆指値注文OCO注文IFDONE注文が使用可能



マネックス証券のトレードツール

料金詳細
Webベース無料マーケットボードやマーケットボードプロにより登録した複数銘柄の株価自動更新やクリックでの注文画面への遷移機能を提供。有料ではマーケットボードプラス(1050円/月)により日中足チャートなどや銘柄ニュースなども提供
専用ソフト有料マーケットライダー(1890円/月)やMarketWalker(2625円/月)、マーケットライダープレミアム(3990円/月)など複数のトレードツールが用意されており株価情報や市況ニュースがリアルタイムに提供
モバイル
トレード
無料NTTドコモ、au、Softbank、Willcomに対応
約定通知
メール
無料約定時のメール通知や登録した株価になった際の通知が可能



マネックス証券の入出金

料金詳細
入金無料
みずほ銀行、東京三菱UFJ銀行、ジャパンネット銀行、三井住友銀行、郵便貯金、スルガ銀行、イーバンク銀行からネットバンクにて即座入金可能
出金無料指定口座に無料出金可能
※郵便貯金の場合は最大110円の手数料が必要



マネックス証券の外国株

中国株



総評 マネックス証券

おすすめ度:★★★★★

特徴:IPO

マネックス証券はやはりIPOが一番の魅力です。IPOは当選すればかなりの確率で利益を得ることができるので、IPOが当選しやすいかどうかは非常に重要です。夜間取引が可能な数少ない証券会社のひとつでもあります。
また、無料提供されている投資情報やトレードツールも有用なものが用意されています。

↓↓↓マネックス証券の無料資料請求↓↓↓
マネックス証券
スポンサーサイト


2006/08/06(日) 01:08:07| ネット証券会社一覧|

【免責事項】 当サイト管理人は、当サイト上のコンテンツに基づき生じた損害、損失に対して一切責任を負いません。
当サイトのコンテンツ(画像、文章、デザインなど全て)につき無断で使用、複製することを禁じます。
月別アーカイブ 日別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。