証券会社比較入門サイト!

証券会社比較信用取引のすすめ

ネット証券会社の手数料やツールを完全比較!賢い証券会社選びに是非お役立て下さい!
ネット証券会社比較入門TOP > スポンサー広告 > スポンサーサイト > ネット株取引の入門知識 > 信用取引のすすめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告|

信用取引とは?

信用取引とは保証金をたてて、それをもとにお金を借りて株式を売買するというものです。そのため自己資金より多くの金額の株式の売買が可能です。
信用取引はうまく活用することで様々なメリットを得ることができます。


信用取引の種類

信用取引には①制度信用取引と②一般信用取引の2種類があります。

①制度信用取引

金利、品貸料及び返済期限等が証券取引所によって一律に定められた信用取引のことです。
6ヶ月が返済期限となっておりそれまでに買った株は売らなくてはならないし、売った株は買い戻さなくてはならない。
また、一般信用取引に比べて買方金利が低く設定されている。

②一般信用取引

金利、品貸料及び返済期限等が証券会社によって自由に定められた信用取引のことです。無期限信用取引とも呼ばれる。
一般に返済期限が無期限となっており、買った株の売却期限、売った株は買い戻し期限は設けられていない。
また、制度信用取引に比べて買方金利が高く設定されている。


信用取引のメリット

信用取引には現物取引にはない様々なメリットがあります。

①レバレッジを効かせた売買が可能

信用取引では自己資金を保証金としてお金を借りてくる仕組みになっているため、自己資金の数倍もの金額の株式を売買することができます。

②下降相場でも利益獲得が可能

信用取引では売建から取引をはじめることが可能です。そのため株価が下がる下降相場でも利益をあげることが可能です。

③現物取引に比べて手数料が安価

多くの証券会社において現物取引の手数料よりも信用取引の手数料のほうが安く設定されています。


信用取引の注意点

信用取引には様々なメリットがありますが逆に注意すべき点もあります。

①追証の危険性

信用取引で株式を売買した際には保有株式の株価合計の一定の割合(約30%程度が一般的)の資金を維持しておく必要があります。しかし、含み損が発生した場合は資金水準を維持できなくなり追加資金の投入が求められてしまいます。

②金利が発生

信用取引はお金を借りて株式を売買するものなので、株を買建で保有している間、金利が発生します。金利は証券会社によって異なりますが、0%~4%程度が設定されています。ただし、売建で保有している間は金利は発生しません。


私は基本的には信用取引で売買をしています。
信用取引には上記のような注意点もありますが、私の場合、売買する株式は自己資金の2倍程度にまでとすることで追証の危険性を減らしています。
また、私の投資スタイルは、数日間で売買を完了させるスイングトレードが中心ですので金利も気にならない程度であり手数料の安さで十分メリットがでています。
信用取引は怖いというイメージがありますが使い方次第では十分にメリットを得ることが可能です。

スポンサーサイト


2006/07/17(月) 22:13:03| ネット株取引の入門知識|

【免責事項】 当サイト管理人は、当サイト上のコンテンツに基づき生じた損害、損失に対して一切責任を負いません。
当サイトのコンテンツ(画像、文章、デザインなど全て)につき無断で使用、複製することを禁じます。
月別アーカイブ 日別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。