証券会社比較入門サイト!

証券会社比較特定口座とは?

ネット証券会社の手数料やツールを完全比較!賢い証券会社選びに是非お役立て下さい!
ネット証券会社比較入門TOP > スポンサー広告 > スポンサーサイト > 証券会社の口座開設 > 特定口座とは?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告|

特定口座とは?

株式投資をはじめる際に特定口座といった言葉を耳にすると思います。

よくわからない場合には

「特定口座」「源泉徴収あり」

を選択することをおすすめします。

株を売買して得た利益が年間20万円をこえる場合には税金がかかります。この税金は確定申告をして支払う必要があります。この確定申告の負担を証券会社が軽減してくれるシステムが特定口座なのです。


特定口座と一般口座の種類

証券会社の口座には特定口座と一般口座があります。そしてさらに特定口座には2種類に分類されます。まとめると口座の種類には下記の3種類があります。

①一般口座

②特定口座 源泉徴収あり

③特定口座 源泉徴収なし


特定口座と一般口座の特徴

①一般口座

自分で年間取引報告書を作成し、自分で確定申告を行う必要があります。
年間取引報告書は年間の株取引を記録、計算したもので、作成に面倒な作業が発生します。株売買の利益が年間20万円をこえない場合は確定申告は不要です。
年間取引報告書の作成および確定申告などの面倒な作業が発生するため、一般口座はあまりおすすめではありません。


②特定口座 源泉徴収あり

自分で年間取引報告書を作成したり確定申告を行ったりする必要が全くありません。
株の売買の度に証券会社が税金を徴収してくれるためです。しかしこの場合、株売買のたびに税金を支払うため、年間利益が20万円以下の場合は余分に税金を支払うことになってしまいます。なお、年間で損失が発生している場合は、申告により支払った分の税金が全て返還されます。また、特定口座源泉徴収ありの場合は、税金に関する手続きを証券会社がやってくれますので、会社に株をやっていることが知られたり、扶養控除や配偶者控除から外れることもありません。
確定申告などのわずらわしい作業はしたくないという方、年間20万以上の利益は出せるという方、扶養控除/配偶者控除を受けたいという方、会社に株をやっていることが知られたくないという方などに特定口座源泉徴収ありはおすすめです。


③特定口座 源泉徴収なし

確定申告に必要な年間取引報告書は証券会社が作成してくれますが、確定申告は自分で行う必要があります。
この場合、年間取引報告書は証券会社から送付されてくるため、確定申告の作業はかなり簡単になります。年間利益が20万円以下の場合は確定申告を行わなければよいので、余分な税金を支払うこともありません。
余分な税金は全く払いたくないという方、年間20万以上の利益を出す自信がない方などに特定口座源泉徴収なしはおすすめです。


口座の選び方

口座の選び方については、特定口座源泉徴収あり源泉徴収なしのいずれかを選ぶことをおすすめします。しかし、特定口座源泉徴収あり源泉徴収なしのどちらがよいのかは個人の事情によって異なります。
難しいことは良くわからないという場合は、利益が20万円以上出なかった場合に若干余分に税金を納めてしまう可能性もありますが、②特定口座 源泉徴収ありを選択することがお手軽でよいと思います。


資金投入の流れ 証券会社の取引口座開設 証券会社が破綻したら?
スポンサーサイト


2006/07/12(水) 13:35:11| 証券会社の口座開設|

【免責事項】 当サイト管理人は、当サイト上のコンテンツに基づき生じた損害、損失に対して一切責任を負いません。
当サイトのコンテンツ(画像、文章、デザインなど全て)につき無断で使用、複製することを禁じます。
月別アーカイブ 日別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。