証券会社比較入門サイト!

証券会社比較値動きの大きい時間帯を知る

ネット証券会社の手数料やツールを完全比較!賢い証券会社選びに是非お役立て下さい!
ネット証券会社比較入門TOP > スポンサー広告 > スポンサーサイト > 株式投資戦略 > 値動きの大きい時間帯を知る
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告|

値動きの大きい時間帯の活用

デイトレードはその日のうちに売買を完結させるトレード手法です。
そのため、値動きの小さいものよりも値動きが大きいもののほうが利益を獲得するチャンスが多いといえます。

東証の取引可能時間は
前場:09:00-11:00
後場:12:30-15:00
となっていますが、この中でも値動きの大きい時間帯があり、このような時間帯には短時間のうちに株価が大きく上昇あるいは下降する場合も多々あります。

デイトレードをする際には値動きの大きい時間帯を理解し、その時間帯にうまくトレンドにのることで大きな成果をあげることができます。


前場寄り付き後30分

09:00-09:30は値動きの大きい時間帯となります。
その日の相場のトレンドを決めてしまうことも多く、重要な時間帯です。


前場引け前15分

10:45-11:00は前場の終了間際であるため値動きが大きくなります。
後場に向け株を新しく買って仕込むのか、あるいは売って手仕舞うのか、判断が要求される時間帯です。


後場寄り付き後30分

12:30-13:00は昼休み中に投資家がいろいろと思考を練った結果が反映される時間帯です。
前場は下げていたが、割安感から急に上げに転じるなど大きく値動きのある時間帯となっています。


後場引け前15分

14:45-15:00はその日一日の取引の終了間際であるため値動きが大きくなります。
その日の取引をどう終えるか決断する必要がある時間帯なので、出来高が上がり値動きがあります。
終了間際のデイトレーダーの決済注文や大量注文を出す投資家などもあるため注意が必要です。

スポンサーサイト


2007/03/08(木) 23:15:14| 株式投資戦略|

【免責事項】 当サイト管理人は、当サイト上のコンテンツに基づき生じた損害、損失に対して一切責任を負いません。
当サイトのコンテンツ(画像、文章、デザインなど全て)につき無断で使用、複製することを禁じます。
月別アーカイブ 日別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。