証券会社比較入門サイト!

証券会社比較証券会社が破綻したら?

ネット証券会社の手数料やツールを完全比較!賢い証券会社選びに是非お役立て下さい!
ネット証券会社比較入門TOP > スポンサー広告 > スポンサーサイト > 証券会社の口座開設 > 証券会社が破綻したら?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告|

証券会社が破綻してしまった場合、自分が預けている投資資金や株は証券会社が倒産してしまった際にはいったいどうなってしまうのでしょうか?

結論から言うと、預けていた投資資金や株は最悪の場合でも1000万円までは補償されるのですが、その内容について下記に述べたいと思います。


証券会社が分別管理している場合

証券会社が顧客から預かっている資産は、証券会社所有の資産と区別して分別管理することが義務付けられています。

きちんと顧客資産が分別管理されていれば、たとえ証券会社が倒産したとしても証券会社の資産とは別に顧客資産はキチンと残っています。

そのため、証券会社が破綻したとしても、預けていた投資資金や株は全額返還されるのです。


証券会社が分別管理していない場合

何らかの事情で証券会社が顧客資産を分別管理していなかった場合はどうなるのでしょうか。

この場合は、投資者保護基金によって顧客資産が補償されます。

ただし、投資者保護基金の場合は、1顧客あたり最大1000万円まで補償することとなっていますので、全額が補償されるわけではありません。


特定口座とは? 証券会社の取引口座開設
スポンサーサイト


2007/03/05(月) 18:42:38| 証券会社の口座開設|

【免責事項】 当サイト管理人は、当サイト上のコンテンツに基づき生じた損害、損失に対して一切責任を負いません。
当サイトのコンテンツ(画像、文章、デザインなど全て)につき無断で使用、複製することを禁じます。
月別アーカイブ 日別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。