証券会社比較入門サイト!

証券会社比較為替相場と株式相場の関係

ネット証券会社の手数料やツールを完全比較!賢い証券会社選びに是非お役立て下さい!
ネット証券会社比較入門TOP > スポンサー広告 > スポンサーサイト > ネット株取引の入門知識 > 為替相場と株式相場の関係
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告|

為替相場株式相場はは密接に関係しています。
為替相場が株式相場にどのように影響を及ぼすのか見ていきたいと思います。


円高と円安

為替相場において円高円安という言葉をよく耳にすると思います。
円高とは、1ドル100円が1ドル90円になるというように、円の価値が上昇することを言います。
逆に、円安とは、1ドル100円が1ドル110円になるというように、円の価値が下降することを言います。

為替相場が円高になるのか円安になるのかで株式相場は大きな影響を受けます。


輸出企業への為替の影響

輸出企業の場合、円高になると海外に輸出した商品の売上高が下がるため、株価が下落する可能性が高くなります。
逆に、円安になると海外に輸出した商品の売上高が上がるため、株価が上昇する可能性が高くなります。円安の方が商品を輸出して売った時に得られる円が多くなるからです。

輸出企業には自動車メーカや電機メーカなどがあります。


輸入企業への為替の影響

輸入企業の場合、輸出企業と逆の動きとなります。
輸入企業の場合は、円高になると海外からの仕入れコストが下がるため、株価上昇の可能性が高くなります。
逆に、円安になると海外からの仕入れコストが上がるため、株価下落の可能性が高くなるのです。

輸入企業には食品メーカや衣類メーカなどがあります。


為替の影響

このように円高は輸入企業の収益を上げ、円安は輸出企業の収益を上げます。

しかし、日本経済は輸出企業が主な原動力となっています。そのため、為替相場が円高に進めば、株式相場全体が上昇するという傾向があります。

スポンサーサイト


2006/11/26(日) 19:58:55| ネット株取引の入門知識|

【免責事項】 当サイト管理人は、当サイト上のコンテンツに基づき生じた損害、損失に対して一切責任を負いません。
当サイトのコンテンツ(画像、文章、デザインなど全て)につき無断で使用、複製することを禁じます。
月別アーカイブ 日別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。