証券会社比較入門サイト!

証券会社比較ロスカットについて

ネット証券会社の手数料やツールを完全比較!賢い証券会社選びに是非お役立て下さい!
ネット証券会社比較入門TOP > スポンサー広告 > スポンサーサイト > ネット株取引の入門知識 > ロスカットについて
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告|

ロスカットとは?

ロスカットとは損切りともいわれ含み損をかかえた株式の損失を確定させることです。
ロスカットは損失を確定させるため新しく株を買うことよりも難しいと思います。しかし、株初心者の方でもロスカット=損切りだけはきちんと理解して実践できるようにしておくことをおすすめします。


ロスカットの重要性

きちんとロスカットができるかどうかは、自分の損失を限定させるという意味で非常に重要です。
ロスカットができていないよくある失敗例として次のようなものがあります。

自分が買った株が予想に反して値下がりしてしまいました。
しかし、もう少ししたら値上がりするかもしれないと思って株を持ち続けました。その結果、株はさらに値下がりを続け損失を拡大してしまいました。
そして、自分の間違いに気づいた時には売るに売れないところまで株価は値下がりしてしまい、塩漬け株になってしまっているのです。

このような事態に陥ることを避けるため、株価がどのような状態になったら損失を確定させるのかということをあらかじめルール化しておく必要があります。
そのルールのことをロスカットルールといいます。

株を買う時はよく考えてから買う方がほとんどであると思いますので値下がりする株ばかりではないと思います。
例えば買った株のうち半分が値下がりしたとしてもロスカットがキチンとできていれば、残り半分の株の値上がり益によってトータルで十分に利益をあげることができるのです。


ロスカットルールの考え方

ではロスカットルールをどのように設定すればよいのでしょうか。
人によって投資手法や売買金額などトレードを行う上での条件は異なってきますのでそれぞれに最適なロスカットルールは変わってきますが、主な考え方について紹介したいと思います。


・いくらまで下がったら売る

いくらまで株価が値下がりしたら損切りするというルールです。最もポピュラーなロスカットルールであり、損失が株価の5%になったら損切りするなどという形で設定されます。
デイトレードなど短期売買の場合は0.5%~1%、スイングトレードの場合は1%~5%、中長期投資の場合は5%~10%ぐらいに損失が膨らんだらロスカットするのがよいのではないかと思います。


・いつまでたったら売る

いつまでに目標利益が達成できなければロスカットするというルールです。値上がりすると思って買った株が思いのほか動かない場合に、いったん売却するというものです。私はあまり使用しませんがよく使用されるロスカットルールの一つです。


・ある条件になったら売る

条件の設定については人によって様々なものがあると思います。ここでは私が設定している条件を紹介します。
私は、株価が前日の下値を下回ったら損切りするというようにロスカットルールを設定しています。これは下値を切り上げる限りは株価は上層トレンドであると考えられますが、前日の安値を下回るということは下降トレンドへの転換であると考えているためです。


・予想に反したら売る

私はこれが一番重要なロスカットルールだと思っています。あいまいな条件なので実践は難しいですが、私はこのロスカットルールを常に念頭においてトレードを行っています。
値上がりすると思っていたのに値上がりしなかった時は、その時点で既に予想ははずれているのです。一旦損切りをして、もう一度仕切りなおすべきであると思います。


ロスカットルールは自分で文章にすることをおすすめします。何%まで損失が拡大したら手仕舞うのか文章にすることで明確になります。頭の中ではわかっていてもなかなか実践できないものです。そのため、メモに書き留めるなど文章にすることで徹底を心がけるのです。

スポンサーサイト


2007/01/04(木) 23:19:44| ネット株取引の入門知識|

【免責事項】 当サイト管理人は、当サイト上のコンテンツに基づき生じた損害、損失に対して一切責任を負いません。
当サイトのコンテンツ(画像、文章、デザインなど全て)につき無断で使用、複製することを禁じます。
月別アーカイブ 日別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。