証券会社比較入門サイト!

証券会社比較携帯ナンバーポータビリティ

ネット証券会社の手数料やツールを完全比較!賢い証券会社選びに是非お役立て下さい!
ネット証券会社比較入門TOP > スポンサー広告 > スポンサーサイト > その他投資関連 > 携帯ナンバーポータビリティ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告|
今日、携帯ナンバーポータビリティ(MNP)が開始されたが、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの株価は今後どうなるのだろうか。
昨日、ソフトバンクによる緊急値下げが発表された影響から、NTTドコモKDDIは本日の株価は下落した。一方ソフトバンクは寄り付きは高かったのだが最終的に失速し下落して終わった。
今後の株価は契約者がどう変わっていくかがキーポイントであると考えられるが、このMNP、そもそも利用者はそれほど多いのだろうか。
移転を行うには
①移転には手数料が必要
②メールアドレスの変更が必要
など障壁も大きい。実際のところ、利用者はそれほど多くはないのではと私は予想している。
とすると、これまで、MNPを懸念点として株価に織り込まれているドコモは上昇する形になるのではないだろうか。auはこのところ契約者を伸ばしているので、その点を継続できれば、さらに株価はあがると思う。ソフトバンクは期待感はあるが、大胆な格安料金プランなどが影響してどこかで破綻しそうでリスクが高い気がする。
数ヶ月先の各社の契約者数の推移に注目したい。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamarn10.blog48.fc2.com/tb.php/119-d36bdd24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

【免責事項】 当サイト管理人は、当サイト上のコンテンツに基づき生じた損害、損失に対して一切責任を負いません。
当サイトのコンテンツ(画像、文章、デザインなど全て)につき無断で使用、複製することを禁じます。
月別アーカイブ 日別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。